株式会社ミクシィ(mixi)の副業事情 制度は? 実態は?

こんにちは、副業総合研究所 リサーチャーの島田です!

今日は、株式会社ミクシィ(mixi)の副業事情をレポートします。

mixiの副業制度

今日は先月までmixiに在籍していたAさんにお話を伺います。

-mixiは、副業OKなんですか?
「mixiは、副業OKです。
 承認フロー上は上長を経由して人事承認だったかと思いますが、1週間ほどでまずもって承認されます。競合だとNGだったルールはあったかと思います。」

-どのような副業をしている社員がいますか?
「デザイナー系だと、個人でWEBデザインやグラフィック、動画制作を請けている人がちらほらいますね。エンジニアだと、勉強熱心で会社へのコミットメントが強い人が多いので、副業する暇があれば勉強している人が多い印象。ただ、個人でゲームアプリを開発してリリースして独立した人がいる、という話は聞いたことがあります。」

-働き方に不満はありますか?
「全然ないですね。元から在宅・リモート勤務も活用されてますし、それでいて時にフェイスtoフェイスを重んじるバランスの良さが心地よいです。勤務形態は10時から16時がコアタイムのフレックスタイム制。フルフレックスでないところが、自分的には丁度よいですね。」

ー社員の方の雰囲気はどうですか?
「全体的に穏やかですね。少し前までは、事業部によってはゲームの新規イベントに併せてすごい盛り上がりを見せたりもしていましたが、今は良くも悪くも落ち着いてしまいました。」

ー転職して退職する人はいますか?
「マーケティング職だと入れ替わりは多いですね、広告代理店やコンサルティングファームに行ったり。エンジニアだとサイバーエージェントやコロプラなど競合に行く話はたまに聞きますが、居心地の良い会社なので他社よりは出ていく人は少ない気がします。」

ーその他になにか、裏話などありますか?
「最近、やたら組織変更があったり、役員クラスの人事異動が活発な気がします。組織として変化の時期なのかもしれませんが、個人的には少し不安に思ってしまいますね。」

まとめ

老舗ベンチャーとして落ち着きを見せる、mixi。成熟期を迎えるmixiに副業転職するのも悪くない選択肢かもしれない。